FC2ブログ

今流行りの仮想通貨であれこれやってみた

実際に自分で投資してみたことの情報発信をしていきたいと思います。得したことも損したことも書いていくので温かい目で見守って下さると幸いです。


2018 02/21

ビットフライヤーのFXにチャレンジしてみました!(SFDシステムについて

こんばんわ。仮想世界@セッカです。


タイトル通りビットフライヤーFXチャレンジしてみました!
チャレンジした理由はSFDでの乖離を使って稼げるかも!?ということで試してみました。

SFDというのはビットフライヤーFXに追加されたシステムで現物BTCFXBTCの相場をなるべく離れないようにという意図で作られたルールみたいなものです。

SFDで稼ぐというのは実際どういうことかといいますと


DWZFAwKVoAEy5Th.jpg

こちらはTwitterからの拾った画像になりますがとても分かりやすく書かれています。
現物BTCFXBTCの乖離率が10%、15%、20%の時にでSFDが発動します。

取引の内容としましては
乖離率9.7%でロングのポジションを取ったとします。
乖離率10.3%の時にロングポジションを売ります。
その時に、乖離率を縮める取引をした事になるのでプラス手数料として0.5%分貰えます。
逆に乖離率9.7%の時にショートポジをもって
乖離率10.3%の時にショートポジを買い戻すと、マイナス手数料として0.5%引かれます。
ここの手数料は自分が取引した金額分の0.5%引かれたり貰えたりします。

これを応用すると10.3%の時ショートを入れて
9.7%の時に買い戻すとプラス手数料が貰えます。


それでは実践結果を載せていきたいと思います!


これが初日の夜中に少しやってみただけのものです。






こちらは朝起きてからお昼過ぎの2時くらい?までチャレンジした結果です。






清々しいですね!
何故ここまで負けたのか。
理由は簡単で、ビットフライヤーSFDでの乖離率の表示にラグがあってサーバーで管理している乖離率で売買出来ないという事が原因でした。
あとは乖離率9.9%~10%で推移していることが多く、例え9.8%、10.2%が表示されているタイミングであっても売買をすると実際はもう変わっているということです。

自動売買BOTを作成できるプログラマーの方だったらAPIで現物BTCとFXBTCの取引板をリアルタイムに取得して乖離率を計算させてこまめに取引させていけばたぶん勝ちやすくなると思います。
自分にはプログラムの知識がないのでこれは出来ませんけどね~。

自分が取引をしていた時には乖離率9.9%~10%をBOTによって朝から昼過ぎまで維持されていたのでだいぶBOTに吸われていった人は多かったと思いますね。
現物の売り買いで乖離率を自分で動かせるような大口投資家がいたらBOTに勝てるとは思いますが、現状ではBOTが有利になると思いますね。

分かってはいましたが、これはビットフライヤーのFXが制御されているので現物よりも10%高い水準で動くことになるのであまり良い事ではないのかなと思います。
普通にFXをしたいという人にとってもだいぶ邪魔な要素で影響があるはずなのでシステム的にもまだ不十分だと思いますね...。


ということで、人柱になってみたい、自分なら相場動かせる、ラグとか環境じゃね?と思える方は是非やってみてください~。
個人的にはSFDを使って稼ごうというのはお勧めは出来ないな~と思いました。
強運の持ち主ならもしかしたら数回は勝てる可能性もありますが。。。
自分もプラス手数料をもらえてる取引自体は何度もありました。
結局ほぼ0ですが!
もし、SFDで儲けていると言っている方がいたらBOTを運用している可能性が高いです。
他にFXをやる方がいないと相場が動かないので乖離率も動かなくてSFDで稼げませんしね...w


ということで、実際にビットフライヤーのFXのSFDを使って稼げるかの検証でした!
チャレンジ精神がある方は資金を少なくして実態を把握しに行っても楽しいかもしれませんね!w



ではまた~ノシ
関連記事

この記事と関連する記事

ビットフライヤーのFXにチャレンジしてみました!(SFDシステムについて

BTCFXビットフライヤーSFD

スレッドテーマ : 仮想通貨 ジャンル : 株式・投資・マネー

(0)TB(0)

AFTER「SEEKERさんが紹介してたCOIN STATS使ってみたよ!

BEFORE「Bitindia上場通貨のお知らせ。

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top